トランシーバーの情報が満載!

トランシーバーは交互通話が出来るのが特徴的で、1対複数でも使用可能です。
通常、何か話す時には、横についているボタンを操作しながら喋ります。
その時に相手の声は聞こえません。
種類によっては免許が必要なものもあるようです。
現代のスマートフォンとの大きな違いは、基地局による電波の影響を受けないという所ではないでしょうか。
このような優れている点があるために災害時なども活躍しているようです。
是非一家に一台は欲しいものではないでしょうか。

トランシーバーとは?

トランシーバーとは? 無線電波の送受信を可能にしたトランシーバーがあります。
特定小電力トランシーバーは、免許や資格申請が不要なものです。
通話料金などその他の費用も一切かかる事がありません。
現場によっても様々なオプションがあり、1対複数で使用できるというメリットを最大限に活用した一斉同報通信は瞬時にスタッフ全員に同時に連絡返答が可能になります。
交互通話と呼ばれる送信と受信を交互にする方法と、電話のように同時に通話ができる方式があり2つのパターンでトランシーバーでの操作が可能になります。
通信距離は交互通話が市街地で200mで郊外が500mとなっています。
同時通話だと市街地で100m郊外で200mとなっていますので目的に合わせて使用しましょう。

無線機の簡易的なものがトランシーバーだと言われています

無線機の簡易的なものがトランシーバーだと言われています トランシーバーはトランスミッター(送信機)とレシーバーが一体型になっているものを言います。
無線機には一体型になっていないものもありますし免許が必要なものもあります。
日本では、一般的に大衆向けに販売された簡易的なものをトランシーバーと呼んでいるようです。
専門的に使用されるのが無線機と考えるとトランシーバーは無線機の種類の中の一つだと考えるのが良いようです。
また、携帯電話もその一種です。
このように違いは多少ありますが、対応の早さという点においては携帯電話などに比べて最適と言えるのではないでしょうか。
例えば、イベント等の業務連絡などはスピードが大事になります。
それぞれの場所に配置している従業員に対して一人ずつ連絡していては時間がいくらあっても足りません。
このような時に一斉送信で呼びかける事が出来るのメリットと言えるでしょう。
あと、見た目の印象なのですが携帯電話を使って従業員が連絡を取っているとプライベートなのか仕事なのかの見分けがつかない場合があるかもしれません。
トランシーバーなどを使用して連絡を取っていれば目的が明確になります。
よく、警備業務等で使用されているので想像がつくのではないでしょうか。

トランシーバーに関する情報リンク

トランシーバー